www.giffsgallery.org
どこにでもある初心者用のFX投資の情報では「マイナスになった場合はナンピンをすることで、全体の価格をコントロールする事が出来る」等記述されていますが、現実的にはそれには相当の危険が待ち受けています。まず最初に、ナンピン買いのロジックに関して分かりやすく記述しておきます。たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いということで、円安に動くほど利益が大きくなりますが思い通りに行かず1ドル=95円まで円高・ドル安に推移したとします。この状態でポジションを所有し続けたら損失が戻るためにはマイナス分、円安ドル高が進まなければなりません。皆さん、マイナスは早めに取り戻したい考えるでしょう。それを解決するためはじめに売買したのと同じだけのドルを、95円で買い増しする。それで、平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで下げることができます半分の幅でドル高に推移すれば、マイナスを失くせます。この流れがナンピン買いの手法です。このような、ナンピン買いのやり方を知ると、「納得だ」と考えるが、外国為替市場はそう容易には思い通りにはいきません。1ドル=95円以下にならないとは誰も想像できません。仮に、為替相場が相当に強い円高動向だとしたら1ドル=95円では下げ止まらずにより一層円高が進む危険性はあります。仮定として、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円までドル安が進んだらナンピンを入れた分についてもマイナスが生じます。そういう状態では最初にエントリーしたドルと合わさってダブルで為替差損を被ります。それほど、ナンピン買いは大変です。それでは、為替相場が自身の台本とは逆にみるみる進む場合どういった対策で危険をコントロールすればいいのでしょうか。ここで取るべき術は2つしかありません。まずはじめは潔く損切りをする事です。別の方法としては所持している買いポジションを小さくする事によって、為替が元のようになるのをひたすら待ち望む事だけです。かなり大人しい手段だと思う投資家もいるだろう。だがしかし、所有している買いポジションに差損が生じた場合最も危険の少ない方法はこの2つ以外にはないです。考え方としてはナンピン買いをしてみる術も効果的です。だけどナンピンは自分か損をしている状態にもかかわらずポジションを無くすどころか、遂に買いポジションを積み増していく手法です。これでは、危機を回避することなど到底可能ではない察するべきです。ナンピンをしていけばいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。けれども、そうなる前に資金はショートしてしまうだろう。