www.giffsgallery.org
実際にパソコンのディスプレイの前で、いつも変動しているマーケットを見てしまうと何となくエントリーをしなくてはいけない衝動が生じる状況も多いです。しかし、あやふやな思いつきで売り買いをすることは、絶対にしてはいけません。ご覧の通り、外国為替市場は1日中、休みなくどこかで外国為替市場が変化しているし、レートもどういう時でも、変化しています。だからといって、何回も売買を繰り返しているとそれだけで損をする危険性が増します。確かに注文の数を経験することによってトータルで勝利する確率が半々になっていきます。けれどもそれは「明確でないアイデアで売り買い」することとは別の問題です。売買回数を重ねるというのは、「ここは勝てる」と考える勝算を得られた場合の売り買いの回数を重ねるという意味である。特段の理由も無く、ひっきりなしに注文を繰り返すのとはかなり違います。外国為替市場の戦いに負けないためには、自ら思案してけじめをつけることこそが重要です。「ここだ!」と思った市場の時には、所有ポジションを多くして、儲けを追求します。「ちょっと頭をかかえるマーケットで、どうなるか考え付かないな」と感じた時は、観念して所有ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もせず静観します。このぐらいのメリハリをつける方が最終的に取引は勝てます。市場の金言には「休むも相場」というものがある。本当に言葉どおりだと感じます。FXとは、いかなる時でも売買ポジションを保持する事が全部ではなく何も保持せずじっと待っている事も事態によってはFXです。それならば、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。ひとつは、先に述べたように、現在のマーケットがしっかりと判断できない時です。そこから上がるのか下がるのか見通せない時は間違って判断すると、自身の思い描いた台本とは逆に外国為替市場が変化してしまい損失を被る事になります。そういったケースではポジションを0にして様子をみるのがいいでしょう。ふたつめは、自分の体の状態がよくない時です。体の調子と相場に関係しないと思う投資家もいますが現実には思いのほか影響を与えます。健康状態が悪い時は相場の決断しなければいけない局面で、冷静な判断が出来ない場合があります。関心がわかない時はFXから遠ざかる事も重要な事です。